精密セラミックボール

ファインセラミックスは、軽量でありながら高い強度を持っています。優れた絶縁性に加え、耐摩耗性、耐熱性、耐食性にも優れています。
この特長を活かして、工作機械のスピンドルモーターやターボチャージャー、高速で回転する歯科用ドリルなどのベアリングにツバキ・ナカシマのセラミックボールは使用されています。
浄水処理や食品関連の流体制御用の定量ポンプのチェックボールとしてもツバキ・ナカシマのセラミックボールは使用されています。
風力発電機、電気自動車、5G技術をサポートする半導体製造装置など、環境に優しい未来を創造するためにツバキ・ナカシマのセラミックボールは不可欠です。

ファインセラミックスは、非酸化物系と酸化物系の2種類に分けられます。
窒化ケイ素(非酸化物系)とアルミナ(酸化物系)が最も一般的な素材で、鉄の約半分の重さでありながら、およそ2倍の強度を持っています。

製品紹介

窒化ケイ素(Si3N4)

窒化ケイ素球は、低熱膨張性、高剛性、耐摩耗性など、ハイブリッドベアリング(*)に使用する上で優れた機械的特性を備えています。

*ハイブリッドベアリングとは、セラミックボールとスチール製内外輪で作られたベアリングのことです。

アルミナ(99.5% Al2O3)

アルミナボールは、腐食性環境や高温条件下で優れた耐摩耗性能を発揮することが証明されています。

材料
項目 軸受鋼
(SUJ2)
窒化ケイ素
(Si3N4)
アルミナ
(99.5% Al2O3)
比重 (g/cm3) 7.8 3.24 3.9
硬度 (Hv, 20kg) 772 – 900 1,500 1,600 – 1,700
熱膨張係数 (x10-6/℃) 12.5 3.0 8.2 – 9.0
最高使用温度 (℃) 160 800 1,400

上記の値は代表値です。