サステナビリティ

サステナビリティ理念

ツバキ・ナカシマグループは、モノづくり企業として「安全・品質・環境」を経営の最優先とし、社会や地域とともに自然と調和を図りながら事業活動を推進します。

サステナビリティポリシー

株式会社ツバキ・ナカシマは、不良品ゼロ、アクシデントゼロ、環境影響ゼロの達成とエネルギーパフォーマンスの改善に向けて、組織、プロセス、製品とサービスを以下の手段によって改善し続けるものとします。

  • 健康的で安全な行動とエネルギーの合理的利用の意識を高めつつ、具体的なコミュニケーションイニシアティブを通して個々の義務を認識させることを目的として、従業員、適切な場合は労働者の代表者、協力者、サプライヤー、その他関係者の関与、参加、共同責任を促進する。
  • 「5つのゼロ」の理念を取り入れる:事故ゼロ、職業病ゼロ、廃棄物ゼロ、不平等ゼロ、知識不足ゼロ。
  • 職場の環境及び安全衛生の保全を保証するために必要なすべてのことを実施する。
  • 経済的に可能な方法で負の影響を減らし、取り除くために、エネルギーパフォーマンスと環境パフォーマンスを改善する製品とサービスを提供することによって、安全・環境・エネルギー基準の継続的改善に向けた生産プロセスを開発する。
  • 不良品、事故、環境影響を特定することよりもむしろ、それらを防ぐことに注力する。
  • 会社要件、顧客と政府の安全衛生に関する要件、環境とエネルギー要件の継続的尊重

従業員、顧客、ステークホルダーの要望と期待を最善の方法で満たすために上記の全てを実践することにより、企業の評判を高め、私たちのリーダーシップを強化します。